検索結果

トップ >  学科紹介 >  動物自然学科 > 自然調査・アウトドアガイド専攻

自然調査・アウトドアガイド専攻02
自然調査・アウトドアガイド専攻
人と自然をつなぐスペシャリストに!

自然調査・アウトドアガイド専攻の学びのポイント

Point1
教室は北海道の大自然!
教室は北海道の大自然!
キャンパスのある恵庭市周辺は「支笏・洞爺国立公園」に隣接。近隣公園をはじめ、道内各地の山や川などのすべてのフィールドワークが皆さんの教室です。世界遺産・知床でのフィールドワークも行います
Point2
学外での活動も展開!
学外での活動も展開!
自然観察会や子どもキャンプなどの学外イベントに積極的に参加し、学生たちの企画による展示やイベントも実施するなど、社会貢献を通して社会人としてのルールやマナーを実践的に身につけます
Point3
少人数制での授業を実施!
少人数制での授業を実施!
少人数制で授業を実施するため学生同士の交流が深くなり、お互いに影響を受け、個人としてもチームとしても成長していきます。さまざまなフィールドでの活動の中でチームワークが磨かれ発揮され、野生動物や自然への理解を深めながら野外での知識やスキルを習得します。

自然調査・アウトドアガイド専攻の主な授業紹介

  • 野外実習
    校内のビオトープ(自然生態系の観察モデル)や近くのフィールドを訪れ、日々変化していく環境を観察。実体験を通して、自然と人とのかかわり方、その伝え方を学びます。
    野外実習
  • 知床実習
    世界遺産・知床は、自然保全と観光利用を両立する日本有数の模範地域。知床の大自然を体感し、日々学んできた成果を試す場として提供します。
    知床実習

学び方いろいろ!自然調査・アウトドアガイド専攻での生活!

川名いつみさん
川名 いつみ さん
苫小牧東高校出身
野生のフィールドワークには
出会いと感動がいっぱい!

幼い頃に父が買ってくれた本がきっかけで昆虫を好きになり、もっと深く学びたいと思ってECOに進学しました。釧路湿原や知床など、大自然をフィールドにした実習では、今まで本でしか見たことなかったチョウやトンボを最終するなど感動することがいっぱい。入学してからは昆虫だけでなく、鳥にも興味が湧いてきて、週末になると友だちと近くのウトナイ湖で野鳥観察を楽しんだりもしています。将来は昆虫に関わる仕事に就きたいので、今後も昆虫、さらには昆虫を育む自然環境についてもどんどん学んでいきたいです。そしていつか小さい頃からのあこがれチョウトンボを自分の目で見てみたいです!
野生動物・ガイド調査専攻の生活のの流れ

自然調査・アウトドアガイド専攻の2年間

刻々と変化する業界に対応した柔軟なカリキュラムを用意。
山や川、森といった野外フィールドを舞台に、その土地の自然を深く知り、体感するための手伝いをするネイチャーガイドという仕事。そうした人と自然を仲介する業界では今、積極的な行動力と自ら学ぶ向上心を持った若手の人材育成が急務となっています。ECOでも業界の第一線で活躍するプロの方々を講師やアドバイザーとして招き、刻々と変化する業界の動向に合わせた柔軟なカリキュラムの作成、指導を行っています。
  • 自然解説を行う
    基礎知識を学ぶ

  • 野外活動の基本となる
    知識を学ぶ

  • 北海道の自然や動植物に
    関して基礎知識を学ぶ

資格を習得しながら野外で活動する基礎を学び
フィールドで実践していきます。
    • 人と自然仲介する
      インタープリターとして
      プログラム進行まで
      全てのスキルを習得

    • 野外活動のプログラム
      立案に挑戦

    • 卒業研究発表会

    • 生態系や動植物に
      ついて深くまなぶ

    • 就職活動後、内定

学んできた知識を生かし、学内外問わず
さまざまなフィールドで自ら考え自ら実践していきます。

資料請求

オープンキャンパス  

AO入試エントリー開始  

アクセス

PAGETOP